« CRAB CANNERY に乗って | トップページ | めぐみ から MEGUMI »

2008-08-28

メイド イン 自民党の反乱

民主党から渡辺秀央と大江らが離脱することが発表された。

悩んだ挙句に渡辺が選んだのは新党結成。

まあ、妥当と言えば妥当なんだろうか。

         

道路財源法案と日銀総裁で、渡辺は党議拘束に

翻していたんで、民主党は離れることは確定的だったし、

今更大々的に新党結成などと発表しても、

誰も驚きはしないだろうが、

メディアの伝え方にはかなり不満があるかな。

特に読売は酷かったね。流石といえば流石だけど。。

          

渡辺議員達の行動に、特段思うところはないし、

民主が気に食わないなら出て行けばいい。

自分が好きなようにやったほうが、

国民の判断もしやすいからな。

          

だが、メディアは何を思ったか、彼らを何かの英雄かの

ように祭り上げようとしている。

討議拘束を敷いて、参院選を暗い場にするような

悪の民主党に正義の旗を翻し、

立ち上がった英雄渡辺&大江ってな書き方だ。

こいつは大きな嘘。

・・・読売新聞も形振り構わなくなってきたよな。

自民党支配が続いてくれなくては困るのはわかるが、

ちょっと焦りすぎじゃないか。

ねじれ国会なんて造語を流行らせた時と同じ匂いが

するのはおれだけだろうか。

               

各新聞が触れている通りで、

渡辺秀央氏らをうまく誘導して反旗を翻させたのは自民党だ。

自民党幹部との噂・・・なんかじゃなく、確定でね。

国会対策本部(二階グループのテリトリーのところ)が、

何度も渡辺氏らに民主党との離別を促して、

自民党への吸収や形だけ新党での独立を迫っていた。

状勢的にはもっと先の時期に正式発表かとも

考えていたが、予想を大きく裏切って五輪の話題が

ひと段落した今を選らんだようだ。

            

自民党が民主党を内部から崩すというのは

十分読めた戦略だし、ルールと金を司っている力を

利用するなら、最も簡単な方法だろう。

有権者からすればせっかく選んだ議員が、

簡単に自民党支配の為に席を異動しちまうのは

腹が立つだろうし、汚いとも思うかもしれないが、

こいつは仕方ない。

永田町の全ては金と名誉なのだ。

第一、新聞には毎日の様に、この件の数千倍は

汚いやり口でおれたちの生活と未来が崩されるニュースが

飛び交っているじゃないか。

騒がないやつらは深読みできないだけだ。

ナベツネが悪の民主党から離別した正義の渡辺と書けば、

それをそのままでしか咀嚼出来ない、

コントローラー付きの思考しか持たない哀れなロボットさ。

             

別に離反しようが、小沢に中指立てようが何でもいい。

国民の為を思ってやったんであれば何でもいいさ。

だけどな、後々選挙になって、

少しでも自民党の考慮みたいなものが見えたら、

国民は許さないと思うぜ。

例えば、渡辺や大江らの議員の立候補地に、

自民党が候補者を調整するような真似が少しでも

見えたら、少なくともおれは徹底的に叩くぜ。

それと、討議拘束があるのは自民党も同じ。

その辺どう考えているんだろうな、あのおっさん達は。

               

有権者は何をしようと盲目的について来るし、

後援会は金目当てに機械の様に票を入れにくるとでも

思っているんだろうか。

だとしたら、自民党をやっていることは同じなんじゃないか。

               

ともあれ、これで参院は与野党の席が完全均衡状態に

なったわけだ。

多くの国民にとっては自民党十八番の強行採決を止める

為の安全帯。

自民と新党の渡辺派にとっては、好き勝手が出来ない

邪魔な障害物。

            

どうなるんだろうな。。。

                   


« CRAB CANNERY に乗って | トップページ | めぐみ から MEGUMI »