« 小泉が退いた理由 | トップページ | 総選挙の分析 »

2008-09-29

自民と日教組と国民と

麻生が民主党を「総裁選をしない政党に・・・」と批判

して、大親友の公明党に警戒されるかと思えば、

公明党様の次はすぐにニューヨークに出向き、

国民には何も知らせずに勝手に、集団的自衛権を

容認する発言だ。

さすがにおれもこれには驚いて、なんだこの独裁者

はと書こうと思っていたら、今度は国交相の中山が

4日で辞任。

   

どうなってるんだ、この国は。

自民党もいい加減にしろよ。

おまえらの私欲と利権のために、サブプライムで

一番大事な時にくだらない総裁選出来レースを二

週間も見させられ、ようやく新内閣がスタートしたか

と思えば、たった4日でご破算なんて、救えない話

にも程がある。

       

大臣が4日で簡単に辞めることができる。

それだけ、国民は自民党になめられているってこ

とだ。

「どうせおまえらは、どんなに怒ろうと選挙には行かな

いんだろう」

と高をくくっているからこそ、あんなことが出来るんだ。

安倍政権の時の不祥事を起こして辞めたやつらも

そうだし、今回の中山もそうだが、やつらは結局また

重役に帰ってくるし、何度でも「再チャレンジ」出来る。

だが、自民党の作った社会では、おれたち国民は、

一度でも足を踏み外せば、後は真っ逆さまに、

日米資本主義の底のまた底に落ちていくだけだ。

だからこそ、国民は怒ってるんだろう。

    

ご祝儀支持率込みで新内閣が50%なんて、

正直麻生自身が一番青ざめているだろう。

「総理が変わればどうせ支持率が戻るんだろう」

となめていたんだからね。

            

                

さあ、書こうか書くまいかすごく悩んだが、

中山発言について掘り下げようか。

麻生が総理になった瞬間に戦争はちゃんとするか

ら安心しろとアメリカに報告したのも書きたいが、

どうやら麻生政権事態がもう終わっているようだし、

後回しにしよう。

だとしても、中山発言をおれが書くのはちょっと面倒

なんだけどな…。

この手の話題は、ちょっとでも違う視点で書くと、

えらい剣幕のメールが山のようにくるからからな。

でも、ニュートラルな意見がない以上、書いておく必要

はあるだろう。

          

         

「日教組は教育のガン」

「日教組は解体しなくちゃいけない」

「日教組が強いところは学力も低い」

「間違ったことはしていない。教育の為に

火の玉になる」

         

中山発言だ。

火の玉がどうなのかわからないし、日教組と学力の

関係は、今資料を取り寄せてもらっているが、

まず大前提としていち有権者として言わせてもらうと、

『何故今なんだ』

ってことだ。

中山がどういう思想だろうと構わないし、何を述べよう

が勝手だろうが、

今、日本経済が大不況を前にしていて、経済の大津

波が発生した時に内閣がいなかったなんて状態で、

ようやく体制が整った時に、よくもまぁ勝手にヒーロー

を気取って好き勝手できるなってことだ。

         

ふざけるのもいい加減にしろよな。

おまえらの出来レース劇場の為に、血税がどれだけ無

駄になったと思ってるんだ。

その挙句に、大臣がスピード辞任して、

『おれは正義だ、悪くない』

とほざける神経が到底理解不能だよ。

自分のことしか頭にないか、国民がよっぽどなめられてい

るかどちらかだ。

          

日教組が批判したいなら、空白を作った分仕事を何倍も

こなして、なんとか危機を乗り切ってみせてからやれよ。

国交相なら、

『道路族が日本の道路を駄目にしている』

『公明党は道路利権のガン』

『旧道路族と公明党を解体する』

とでも、言ったらどうなんだ。

勿論、辞めずに最後まで仕事をして、実行もね。

その上で、教育について批判して、問題定義するなら

すればいい。

そこではじめて国民は納得するんじゃないのか。

            

       

じゃあそろそろ、日教組について。

日教組と右翼団体は、度々衝突している。

右翼と言っても現代の場合、自民党中核部も含めて

大概が職業右翼だから、意見が言いたいわけじゃなく、

そこに金が生まれるからやっているんだけどな。

多分これは左翼も一緒。

          

理由は教育方針にあるが、

簡単に言うと、第二次世界大戦を

「日本は正義だった」としたい自民党や右翼団体と、

「日本は間違っていた」と教えたい日教組の

構図だ。他にも派生であれこれ言い合っているが、

シンプルに言うとこんな感じだ。

       

当たり前だが日本は正義でも悪でもないし、

戦争をする国に天使も悪魔もない。

あえて言うなら、国民を扇動して、自分達の私欲の

為に殺し合いをやらかした当時の全政府が悪魔だ。

日本もアメリカもドイツも、あの当時は狂って…ああ、

アメリカは今でもそうか。

殺し合いを強制された兵士も、

巻き込まれた一般国民も、

侵攻された国々も、

残りはみんなある意味被害者だろう。

         

右翼団体が「日教組は~」みたいに言うのは、

まぁ相応の金をしかるべき所からもらっていたり、

政治活動の一環で言ってるんだろうが、

自民党にはなんのメリットが?って思うかもしれな

いが、これはちょっと考えればわかるはずだ。

色々今は寄り道せざるを得なくなっているが、

自民党というのは基本的には

愛国教育→強制愛国心→集団的自衛権→戦争参加

の実現が理念のひとつである政治団体だ。

顕著なのが安倍や森、それに麻生だな。

これは思想的な問題としてもあるだろうが、実は彼らも、

「愛国心なんて国民が勝手に身に付けるもので、

駄目な政治ばかりやっていれば無くなるし、

良い行政ならナショナリズムは自然と培われる」

という当たり前のことは、わかっている。

それに、愛国心を無理矢理刷り込もうとしている国なんて、

日本と中国と北朝鮮くらいのものだ。

   

だけど、それらを黙認して、

愛国教育をやるメリットが他にあるからこそ、

やっているのだ。

それは戦争参加による莫大な恩恵だ。

アメリカがそう臨んでいることもあるが、

武器売買、侵略による恩恵、大企業への特需、

戦争は上層部をでたらめに潤す。

特に、戦争の当事者にはならず、アメリカにくっつい

て適度に参加する程度なら、たいしたマイナスもなく、

金はうんと儲かるだろう。

‘たいしたマイナス’ってのは自民党目線の話で、

おれたちにとって見れば、世界一の自殺率もびっくり

なくらいの犠牲者が出るんだけどな。

だが、政府が弱者の命なんてなんとも思っちゃいな

いのは、ここ10年の政局を見ていれば明白なはず

だ。

(戦争は儲かるのかってことについては、何号か前

のメールマガジンでもっと詳しく書いたから、暇だっ

たら見に行ってくれ)

       

      

こんな背景があるからこそ、

自民党右派と日教組は相容れないわけだ。

自民党からすれば日教組は、大きな金儲けを

邪魔する障害だし、

日教組からすれば、世界大戦の日本を美化する

ことを子供達に刷り込むような教育は許せないと

いう譲れない一線なんだろう。

            

ただな。この手の話題の時に必ず書いているけど、

日本人ほど愛国心の強い民族はいないよ。

自民や日教組があーだこーだ言うまでもなく、

日本人は人生において、そのほとんどを仕事に費

やす運命にある。

世界一でもぶっちぎりトップの労働時間をこなして、

ワーカホリック症候群、WE、メディアによる殺人的

労働の美化、色々と障害も多い。

だが、それだけ働いても、その恩恵はピラミッドの

頂点のほんの一握りのやつが独占しちまうわけだ

ろう。

そして頼みの綱の年金も、改ざんやデータ消失が

故意的に行われていて、まったく信用は出来ない。

そして国民生活も世界で三十位だ。

         

だが、それでも怒ることもなく、おかしいと提言する

こともなく、黙々とお国の為に世界一のスイサイド数

を携えながら死ぬまで搾取される。

これほど愛国心の強い民族が、一体地球上のどこ

にいるよ。これ以上何を求めるんだ。

アメリカの言いなりになって、戦争しようが核を持とう

が、笑って万歳とでも言って欲しいのか。

               

          

ナショナリズムで争っているやつらなんて、

所詮この程度のことなのさ。

故におれは右だの左だのなんて時代遅れな議論が

大嫌いだ。

金儲けの為に心を支配するってのは、カルト宗教や、

メディア戦略でサービス残業なんて馬鹿げた思想を

植えつける経団連と何も変わらないしな。

         

おれたちが今、目前にしている戦後最大の危機は、

イデオロギーも興味も思考も性別もエイジズムも

無関係に、弱いやつから順番に経済の底へ引きず

り込む無差別テロだ。

市場と自由経済には、感情論なんて一切通じない。

にも関わらず、日本政府は今のところ何の対策も

出来ていないし、アメリカの大統領選の体制待ち状

態。もう完全に狂っているのだ。

      

そんな時に、愛国がどうとかナショナリズムがどうと

かで、簡単に大臣を辞める中山も、選挙の為にそ

れを容認する麻生も、おれは許すことが出来ない。

この国では、いつだって国民の生活よりも、支配者

の利権や思想の方が優先なのだ。

      

最後に、安倍政権から今回の中山まで、

全ては森グループの責任だろう。

何人大臣が辞めて、その都度どれだけの金が

無駄になったか。

あんたも気づいていないかもしれないが、

民主党のマニュフェスト通りに実行するには、

財源が2,5兆円必要らしい。

実は安倍政権からの、年金消滅&改ざん、各種

箱物利権、ガソリン税、空白期間にどぶに捨てた

税金、アメリカへ貢いだ金、勝手にドルを支えるた

めになげうった円。

これらの総額が、とっくに2.5兆を超えているのだ。

    

だが、きっと秋の臨時国会も、

「財源はどうする」

「提示するなら責任を」

と自民党は言い続けるのだろう。

国民不在の劇場は、変革の時まで今日も続くのだ。

         

今日から出張で、西日本を回ります。

地方の現状を見て回る予定で、なるべく生身の

地方情勢を肌で感じて来ます。

ですが、メールの返信が遅れると思うので、

ご了承を。

            

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしく

人気blogランキング

               

                                 


« 小泉が退いた理由 | トップページ | 総選挙の分析 »