« パイプスタンドの男 | トップページ | おばあちゃん »

2008-09-09

60年の差

全国規模はよくわからないが、関東は今日から秋。

暦だとか統計、気象庁は異論を唱えるだろうが、

おれの中のちっぽけな肺のタンクのセンサーは、

玄関を出てひと呼吸目の酸素の成分が、

こげ茶と黄色と心地よさの季節だと告げた。

      

昨日までの振り切れた湿度と、雷雨を予感させる

濁った積乱雲はどこかにふっとんで、

東京は霞んだ青の街へ変身している。

Yシャツから背伸びして風を感じる首筋も、

日々悪化する日本経済を追うことに疲れた目も、

適度に乾いた風に撫でられて、ひどくご機嫌だ。

ローテーションが大変だったポケットタオルも、

明日からはハンカチに戻れそうだ。

それひとつ取っても、秋は軽い。

駅へ急ぐ会社員の集団が、

いっそう早足に感じるのは、きっとそのせいに違いない。

         

  >>>

      

十一月頭をK点に見据えて、決戦が迫る永田町。

今日は朝から仕事で市ヶ谷、隼町、平河町と忙しかった。

一様に平等にカリフォルニアブルーを注ぐ秋空は、

60年ぶりの主の交代の可能性を含んだはじめての戦いを、

高みの見物をするように眺めている。

六十兆の金を生み出す経済を司る国会だって、

出来レースよりも真剣勝負がみたいに決まっているものな。

          

自民党は本当に慌しいみたいだ。

全派閥、全グループが総裁選に巻き込まれている。

いや、正確には、演劇「次期総理」のキャスティングに、

議員や党員幹部、職員を含めた誰もが組み込まれている。

メディアを占拠して、多くの候補者が出揃って、

国民の関心を一気に茶の間から奪い去る。

実に賢いね。。

          

福田が政権を放り出したこと。

太田が犯した失脚もののアクシデントを忘れさせる。

そしてあわよくば農水省の毒米のテロさえも、

ちょっとした食の問題の事件として闇に葬ろうという作戦だ。

勿論汚いが、これが政治。

国民の大半が政府の都合に合わせていつでも踊りだす国では、

他の先進国じゃ馬鹿馬鹿しい手だって、

チェックメイトになりかねないんだ。

         

対して民主党。

小沢が事実上の選挙なしでの党首続投。

これには呆れた。

いや、内情はよくわかっているんだ。

鳩山が出たって結果は一緒だし、

自民右派に操られている前原だって、今のタイミングでの

台頭は誰も得はしない。

ネクスト内閣として各ポジションのキーマンも準備中で、

今更体勢を変えるわけにもいかない。

だから、小沢しかいなかった。

そんなことは時事を追ってる奴ならすぐにわかるよ。

だけどな、多くの国民はそう見ないんだよ。

なぜそれがわからないのか。

          

   >>>

       

読売も産経も、ここぞとばかりに小沢の無投票続投を

叩いている。

「独裁体制」、「こんな政党にまかせていいのか」。

参院選以来どうも様子がおかしい二誌の政治班は、

もはや最近は新聞記事としての体裁させ

保たなくなってきてるな。

「核武装して戦争利権に与りたいんだ。

自民党右派に政権を回せ。国民は選挙に行くな」

もう回りくどいから、そう書いちまえばいいのに。

歴史の変わり目なんだ。

本音である限りなんでもアリだろう。

私欲にまみれてたって、ノストラダムスの予言なんかよりは、

百倍イケテルぜ。

         

>>>

       

おれは別に民主党に、ガチで党首選をやれといってる

わけじゃない。現時点なら、やったとしても結果は変わらない。

だけど、少しは自民党を見習ったらどうだ。

小泉安倍の復興、継続を狙う中川が送る小池は例外だが、

その他のやつらは単なる芝居でしかないじゃないか。

はなから自分が総理になれるとも思っちゃいないし、

なった後に何がしたいかなんてビジョンは何もない。

ただ、知名度という出演料と、政党のプライドの為に、

雑魚キャラ役を買って出ているのだ。

結果、福田への怒りはずいぶんと中和されたし、

太田のインシデントなんて消え失せただろう。

そして農水省のテロも、中小企業皆殺しの方針だって、

見事に息を潜めさせた。

これが60年間、独裁政権を築いてきた自民党の巧さだ。

            

野党に国民の追い風が吹いている?

それがどうしたってんだ。何を慢心しているんだか。

相手はホワイトハウス、経済界、メディア、軍や巨大宗教団体

まで味方につけているんだ。

多少の支持率の差なんてないも同じだ。

もっと狡猾にやらなきゃいけないんじゃないのか。

ルールを司り、いくらだって仕事を入れられるディーラーに、

半そでのシャツを着て真っ向勝負したっていいカモでしかない。

      

国民第一、弱者の為の政治、生活第一。

それをしたいなら、自身は泥に塗れなきゃいけない。

朝日にまで、きつく批判された民主党。

少しは目が覚めたか? 

            

良かったら応援を。

 ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

                     


« パイプスタンドの男 | トップページ | おばあちゃん »