« 波間に揺れる思惑 | トップページ | 総裁選後の報道 »

2008-09-25

ホセイヨサンを通す也

麻生新総理の会見で、

えらく凹んだことがあった。

消費税や海上給油の件じゃない。

もっと逼迫した大事なことだ。

         

事故米についての対処。

米サブプライムについての対処。

         

自民党の出来レース劇場のせいで

ここ10年で最大の規模になるかもしれない

食の問題と、世界で唯一何も対策に取り組んでいない

経済対策について、何一つ触れられなかったんだ。

          

おれは知人から記者会見のメモを全部もらったが、

その二つについては本当に薄皮一枚かすってない。

稀代の英雄の口から出てくるのは

民主党との対決についてだけだ。

    

この国のおめでたさ加減と、

政府もマスコミも腐っているっていういい証拠。

民主党に対してやたら過剰反応していたが、

国民が今一番大事なのは、

食の安全と、すぐそこまで来ている大不況への準備。

やくざの跡目争いの仁義なき戦いじゃない。

違うかい。

Photo_2                

      

          

補正予算について、何が何でも通したい自民党と、

それに反対する野党。

この構図が今の状況だな。

    

会見で麻生は言った。

「今不景気ですから、弱者を助けようという補正予算

に、反対する人なんているんですかね。

年末の中小零細企業の資金繰りだとかを、助けてあ

げる必要がある。それを邪魔しようと言うのは、理解

に苦しみますね」

麻生らしい、煙に巻くうまい挑発だ。

だが、それが通じるたのは小泉旋風までだろう。

       

中小企業を助けると言うなら、補正予算より先に、

中小企業限定増税を解除してやればいいし、

大企業への消費税キックバックを直ちに廃止して、

それを中小零細への優遇という形で還元してやれば

いいじゃないか。

それなら一般財源だって減らないし、一石二鳥だぜ。

Photo_2

   

   

            

もう追い詰められているんだろう。

いい加減、国民を欺いて押し通すスタイルは

やめにしないか。

自称、生まれ変わった自民党なんだろう。

やっていることは何一つ一緒じゃないか。

       

確か、前回の海上給油延長の時にも書いた

と思うけど、

アメリカのために海上での給油活動したり、

補正予算を多くとって、それでなんらかのホワ

イトハウスへの誠意が見せたいなら、

それをそのまま国民に発表すればいいじゃないか。

発表した上で、

アメリカ様に貢と、日本にとってこんないい事が

ありますという所を、全部教えてやればいいのさ。

それが自分たちにとって良いことだと思えば、

国民は自民党を支持するだろうし、

必要ないことだと思えば、野党を支持する。

民主主義ってこういうことだろう。

      

日本に限っては、民主主義は情報統制と圧力に

よる恐怖政治を指すようになったのは、いつから

だろうか。

Photo_2

   

    

         

それにだ。

肝心なことを忘れている。

自民党の補正予算案が作られたのは、

福田が辞任する前の話。

つまり、サブプライムが本格的に音を上げて

弾け飛ぶ前の話だ。

総理が政権を投げ出すことが予想外なら、

米政府がリーマンを救う体力さえなくなっていた

ことも想定外なのだ。

      

ということは、補正予算には、今回の不況の波

は考慮されていないのだ。

にも関わらず、自民党は誰一人補正予算案に

大幅な変更が必要だとは言わない。

・・・もう経済音痴とか、政治手腕どうこうとか

以前の問題だ。

やつらの頭の中は、このホセイヨサンを通せば、

ご褒美がいっぱいもらえる。

ってことしか頭にないのだ。

          

弱者を救うものだからと、メディアで麻生が

必死にアピールするが、

国民は三度欺かれるのかな。

      

自民の狙いは、野党が反対を通して、

三十日ルールを使って引き伸ばししている時に、

解散総選挙に突入して、

「国政を停滞させる野党」

のおなじみのキャッチフレーズを使い、

日経と産経にも協力を煽って情報統制していくん

だろうが、自民党そのものの信頼が地に落ちている

今、その戦術もどれほど有効なのか、

ちょっと不透明だ。

         

                  

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしく。

人気blogランキング

            

               

               


« 波間に揺れる思惑 | トップページ | 総裁選後の報道 »