« 世界同時食糧危機 2 | トップページ | テロリストは誰 »

2008-10-25

デリート ライフタイム

都内の某イベント運営会社。

求人募集には、

「芸能界のお仕事です。

情報を発信し、時代を作っていきましょう」

とうたわれ、従業員は最新のトレンドを抑えた

ハイコストな服で身を飾る。

営業がスーツじゃなくちゃいけないなんてことはない。

金髪も長髪も社会人じゃないなんて時代遅れ。

新たな時代を走るわけだ。

      

私服も見た目なんて関係ないってのもおれは

大いに賛成だし、求人の過大広告はどこも一緒。

咎める気なんてこれっぽっちもない。

だが、経営者の思惑は最悪なようだ。

      

通信会社で働く知人が、この会社からの要望を

受けたんだが、ダイレクト過ぎて笑えた。

「定時を過ぎた時間のメールの履歴を、

自動で消去してサーバに残さないようにして欲しい」

これでこそ日本企業の発想だよな。

新自由経済万歳ってなアイデアだ。

      

その会社は正社員3割、派遣社員7割で構成

されていて、正社員はサービス残業を強制して

いるが、派遣社員は対外的なものもあり、月に

10時間程度の超勤手当てを出していた。

勿論、実際の労働時間は泊まりも土日も当たり

前のヘビーワークなんだけどな。

そこで会社は考えたわけだ。

残業代を一切払わないようにしたい…と。

だが、メールの履歴からサービス残業の実態が

証明されてしまうケースも裁判では増えてきた。

そこでサーバ側で履歴を残さないために、

細工が出来ないかと問い合わせてきたのだ。

      

犯罪者と警察はイタチごっことよく言うが、

残業代と偽装派遣もまさにそれだよな。

規制緩和はアメリカの要望通りにあれだけ

完璧にやった自民党なのに、

セーフティネットを張る作業は意図的とも思え

るほど脆弱性だらけ。

派遣業を問題視するなら、まずは献金を

受け取るのを止めればいいと思うんだけどな。

          

因みに知人は返答書にこう返したらしい。

「そういったサービスを提供している会社はありま

すが、ご紹介は致しかねます」

日米資本主義に馴染めない、優しき負け犬が

おれ以外にもう一匹。不自由な生き物だな。

         

面倒じゃなかったらクリックしていってくれ。

人気blogランキング

      

      


« 世界同時食糧危機 2 | トップページ | テロリストは誰 »