« 年金テロ | トップページ | MONDAYマーケット »

2008-10-05

HIRANUMAグループ

平沼が郵政民営化反対組として、保守議員を集めて

新グループを結成。

そのまま衆院選へ流れ込むと発表した。

         

今の日本で本気で保守とか言ってるのは、もはや

このおっさんらだけになっちまったし、

麻生とか安倍の保守は、アメリカだけを除外した

あまりにご都合主義すぎるフェイク。

あくまで金の為に言ってるだけだ。

保守じゃなくホシュ。

今の日本の政権はホシュ政権ってこと。

            

右だの左だのに全く興味はないし、時代錯誤の

議論は勝手にやってりゃいいが、

保守を掲げるんなら、今すぐにでも取り組む必要

があるのは、当然郵政についてだ。

中国が攻めてくると騒ぐのも儲かるんだろうが、

郵政は既に民営化され、

あと五年もすりゃ、予定調和のマーケットの波に

飲み干されるだろう。

このまま黙ってりゃ、アメリカを救うキーになるだ

ろうし、小泉はまたホワイトハウスから頭を撫で

てもらえるだろう。

       

その流れを、なんとかせき止めようと、

平沼たちや野党の様々なグループが躍起になって

いるが、結末を書き換えられるかは正直不透明だ。

日本が長年かけて築き上げた唯一無二の財産。

無料でくれてやるのか、それとも再び国民の手に

戻すのか。

衆院選の隠れたターミナルポイントだ。

                

             

裏情報も書いておくと、

平沼の今回の早期グループ立ち上げは、

結構な打算で動いている。

郵政民営化ストップは、実は民主党も掲げていて、

選挙に勝てば、ストップはどうかとしても、

見直し議論は立つだろう。

そこで専門家を使うことになる。

「郵政民営化再検討対策委員会」

きっとこんな名前だ。

その委員長の席に、すっぽり収まることが出来るのは、

郵政プレゼント計画の全てを知る平沼が、

なかなかの適任だ。

だが、その為には、自民党色がどうしてもまだ強すぎる。

小泉とは切れたが、有権者はまだ平沼=自民党の

イメージがあるだろうしね。

故に、今このタイミングで、わざわざカメラを入れて

平沼グループ結成を発表したんだろう。

あのおっさんにしてはなかなかいい策だ。

おれたち国民からすれば、アメリカの手のひらに渡り

かけている郵政を、取り戻してくれれば、別に誰だっ

ていい訳だし、政治家は利用するだけするもんだ。

あのおっさんにそれだけの気概と、ラストチャンスと

見ての決死の覚悟があるなら・・・。

とおれは思っているんだけどね。

            

            

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしく

人気blogランキング

                

               


« 年金テロ | トップページ | MONDAYマーケット »