« 経済の樹 | トップページ | 消費するなら今だ »

2008-10-17

ウィールス イズ リライト

新型インフルエンザがすごいらしいね。

国会のニュースに隠れているが、

毎日共同通信のRSSの下方に

しっかりと位置をキープして、刻々とその淀みを

深めている。

    

インフルエンザへの注意喚起は毎年のことだし、

適度にやってくれる分にはありがたいが、

どうも厚生省関係の反応がいつもと違う。

与党関係者も、スケジュールを変えてまで勉強会を

したり、おれも打合せを一部変更されたりしたんで、

そんな大事なのかと探ってみた。

するとビックリだ。

      

予測される最悪の事態を算出した所、

日本国内だけで70万人近くが感染し、

死者は3万人に上る可能性もあるという。

これがどれだけの数値かというと、前回流行した

鳥インフルエンザの同じく最悪予想は感染が8万人で、

死亡は二千五百人だったんだ。

実際は100人弱の犠牲にとどまったらしいけどね。

つまり、あれの十倍以上の威力を持ったウィールス

が、この冬世界を強襲するってこと。

おっかないよな。

    

粒子の世界で最強で最弱の繁殖と繁栄を

続けるインフルエンザウィールスは、

毎秒・・・この瞬間だって進化と変化を遂げ、

人間の英知の最先端と戦い続けている。

決着なんてないだろうし、エンドレスゲーム覚悟の

地球で最速の戦いだ。

      

ちょっと前の話なんだけど、

ウィールス工学の助教授さんに話を聞く機会が

あって、インフルエンザみたいな未知の

細菌ってなんなんですかね、みたいなことを

尋ねた記憶がある。

するとその人の答えは実に広角な視点での

もので、すごく記憶に残っているんだ。

「何のために生まれたのかっていうのは、

難しいことなんだよ。虫は言葉も発達した知能も

ないのに、すごく複雑な子育てや狩りが出来るし、

鳥は巣を本能でこしらえる。

どの生き物を食べたらいいかも知ってるし、

どの生物には勝てないのかも生まれついて

身につけているだろ。

それがないのが人間なんだよ。

人間は地球を壊すだけだし、唯一食物連鎖の

役に何も立っていない。

神がこの世界を創造したなんてユーモアで言

うなら、人間はたった一つの失敗作だ。

でも、そこで登場するのがウィールスだ。

彼らは生物に感染して、媒体を介して種を

広めるけど、不思議と母体そのものを滅ぼしてしまう

タイプも多いだろう。

エイズやインフルエンザがそれだね。

母体が死ねば、当然寄生している細菌も死ぬんだ

けど、なぜかその道を本能で選ぶ。不思議だと

思わないか。

ウィールスについては、実はまだ全体の1%も

わかっていないけど、さっきの天地創造が神の仕業

って言う愉快な考え方を基調とするなら、失敗作で

ある人間を間引きするためのものじゃないのかっ

て思うんだよ。

非科学的な雑念だけど、そんな逃避的な考察でも

しないと、わからないことだらけなんだよ、

ウィールスってやつは」

       

こういう考え方は、おれも嫌いじゃない。

どこまで行っても余談に過ぎない分野なんだけどな。

ここで旧約聖書を持ち出して、

15の試練を数々の殺人ウィールスに擬えるのも

柔らかい発想で面白いが、今はよしておこうか。

ここでする話でもないしね。

      

新型インフルエンザの話に戻そう。

政府や厚生相は、予想外の威力に脅威を

抱いている。これはガチだ。

そしてある意味匙を投げた感もある。

それはこれから発表される対策の中身にあるんだ。

先行してご紹介。驚かないでくれよ。

    

1.各企業に通達して、出勤時間をばらす。

    これは混雑する通勤電車を回避することで、

    飛まつ感染を少しでも減らすため

2.インフルエンザ予防に力を入れている企業を

    探して、ノウハウを共有する

3.タミフルの摂取

       

以上。びびっただろ。

      

一国の政府が、新種の病原菌に対して取る対応が、

こんなもんなんだ。

つまり、事実上お手上げだってこと。

出勤時間をずらすって言ったって、そんなものを

今の日本企業の多くが守るはずがない。

表向きにそうしたって、実際は朝礼の三十分前に

来いとか、他人より一時間早く来るのがスタンダード

と言ってしまえばそれまでだからね。

ビジネスタイムを一時間逃すことを、新自由経済が

許容できるはずもないのだ。

外資系やフレックスを取り入れている一部企業が

協力するだけで終わりだろう。

2番なんてもっと滑稽だ。

インフルエンザ予防に力を入れている会社って

何だよって話。

医療系ならまだしも、一般企業が社員に注意でき

ることなんて、手洗いうがいをしましょうってなもんだ。

医学的な見地の意見が全くない。

これは結構おっかないことだと思うよ。

    

ウィールスについては(PCのものも含めて)

製薬会社(アンチウィルスソフト製作会社)の

自作自演だみたいな陰謀論は絶えないが、

いつか自分達の手に負えないような

最後の発明をしちまう危険だってあるわけだよな。

(そんな小説何冊かあったね)

       

でも、こうしてメディアや個人が書いて、

おっかないインフルエンザが来るらしいってことを

伝えていくのが、実は一番の予防らしい。

最新のバイオ工学が、ヒューマンコミュニティーに劣る。

化学って、ぶっ飛んでるんだかおれたちの社会に

溶け込んでいるんだか、わからないところがあるよな。

なんて達観したことを言っていても、おれの実態は、

毎朝鏡に映る貧相な青年を知ることでも悪戦苦闘。

たった一体の生物を知るのにも、27年以上かかる

ってのに、毎年配列を変えて襲い掛かる謎のマク

ロウィールスなんて、銀河系の年表くらいの時間

があっても足りないんじゃないか。

      

何の話だっけな…。

まあ、とりあえず、この冬は特に予防に努めてくれ

ってこと。

             

最後に、面倒じゃなかったらクリックしていってくれ。

人気blogランキング

            

         


« 経済の樹 | トップページ | 消費するなら今だ »