« 麻生の本当の狙い | トップページ | HIRANUMAグループ »

2008-10-04

年金テロ

「年金は安心です」

かつて政府が流したCMで、幾度となく年金は安心だ。

有名タレントを惜しげもなく使い、システムを、行政を、

そして国を信じろと刷り込んできたのだ。

その後も、何度も野党から年金の闇についての

質疑があり、数字が合わないだの、受け取れていない

やつがいるだの、財源が無駄使いされているだのと

いう指摘があったのだ、

それでも、政府は力によってそれらを押し込めて、

長年に渡って闇は闇のまま、おれたちに見えることは

なかった。

    

だけど、一昨年の件で、ようやく年金に光が当たった。

ねじれ国会、国益の損失だのとメディアでは批判され

たが、それがなければ、国民はまだ何も知らない顔で、

役人に財布代わりに使われる金を、毎月貢ぎ続けて

いるところだったんだ。

    

「消えた年金」。

今考えると滑稽でしかない言い訳だが、

データ移行時のミスだと、苦しい言い訳をしていたのは、

実は改ざんして金を浮かせ、私欲のタメに使われていた

ことの方が大きいようだ。

冷静に考えれば、データの不具合で発生した問題で、

受給額が減るものが圧倒的に多い時点で、相当怪しい

話なんだけどな。

そして稀に起きた過剰供給はすぐに回収しただろう。

足りない奴には、本人が嫌になるくらいの審査や、

身分だの品行だので色々言われて、多く上げちまった

ら信じられないスピードで取り上げる。

そのクイックネスを、どうして別なことにも使わないん

だろうな。

          

         

前にも書いたとおり、どうやらおれの年金記録も

かなり怪しいと睨んでる。

役所の説明は異次元にワープしちまったような

論理だったし、前の会社との調整が遅れている

っていうんで、じゃあ今厚生関係の部署の連絡

先を教えるといっても、こちらでやりますの一点

張りだ。

相当でかい企業だし、担当者はその部署だけで

数十人いるのに、連絡がつかないわけはないん

だけどな。

まあ、じっくりやるさ。

おれはやつらの思惑通り、面倒になって投げ出

したりはしないし、全部音声録音してるからね。

今後も進展があったら報告するよ。

      

      

改ざん記録も、9月に一件だけあると言っていたの

が、カレンダーを一月めくる間に、143万倍に膨れた。

勿論、実態はまだまだあるんだろうが、どこまでが

明るみになるのかは不透明だな。

ついにメディアも、「消えた年金」から「消された年金」

にネームチェンジ。

もう年金には何の信頼もなくなりそうだ。

      

正直ここまでぶっ壊れているのなら、年金システムそ

のものを辞めるか、全く新しいものを作るかしかない

んじゃないのか。

徴収は中負担程度にするのに、バックはしない…どこ

ろか、母体が豪遊や票集めに使っちまう。

そして慌てて作った新機構には、結局旧社保庁の人

間を大量登用と、随分と話が変わってきてる。

国民は政府のおもちゃじゃないぜ。

      

             

麻生のコメントには怒りを通り越して笑ったよ。

「とんでもないことだ」

って。なんだ、その他人事みたいな台詞は。

去年も書いたけど、自民党が厚生省や社保庁の

ずさんな実態を知っていて、あえて見てみぬふりをして

いたことは、某テレビ番組にて正式に認めたことだ。

選挙前だからって、何を無関係装ってるんだか。

逃げんなよ、主犯。

         

            

補足―

年金の改ざんは、おそらく社会保険庁と企業、そして

政府との三者間の協力がないと実行不可能だ。

企業は年金負担を減らしたいし、

社保庁は使っちまった年金のつじつまを合わせたい。

しかし政府がスルーしてくれなければ、成立しない。

三者が互いの監視になっているシステムだが、

一度WINWINを築いちまうと、逆に国民は何もわから

ずに払い続けるだけになってしまう。

野党が長年かけて今回の年金の闇を暴いたが、

おそらく氷山の一角で、永田町埋蔵金は、まだまだ

こんなものじゃないはずだ。

      

         

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしく

人気blogランキング

                

【HHS】ナイトメア オン ザ バタフライ【本日配信】

購読はこちら                     

       

          


« 麻生の本当の狙い | トップページ | HIRANUMAグループ »