« ウィールス イズ リライト | トップページ | 裏切りのアイスクルス »

2008-10-18

消費するなら今だ

読者コラム。

   

「経済の樹」でこの言葉を見てとっさに書いたものです。

タイトルつけるなら「消費するなら今だ?」でしょうか。

       

    

格差社会、格差が広がったといわれる。

ほとんど誰も否定しないだろう。

ワーキングプアや働く貧困層が増えた。

これは統計が証明している。

その一方で富裕層も増えた。

これも統計が証明している。

ところで、この数年間日本のGDPは

約500兆円と横ばいだ。

そしてデフレは解消されていない。

デフレは労働者の賃金低下をもたらす。

これが何を意味するか?

一般庶民の富が一方的に収奪されて、

経営者や投資家などの富裕層に移転したということだ。

民間の平均給与は下がり続けた。

その結果、中流層から転落する人が続出し、

富裕層はより資産を増やした。

経済規模は変わらずに配分・取り分だけが変わった。

「いざなぎ超えの好景気」は無かったということだ。

富裕層にだけ存在したと言った方が正確だろうか。

これが偽りの好景気と格差社会の正体だ。

             

そして、今の世界的金融危機。

消費しろと言うが、どうして経済が発展するだろうか?

いくらモノを作っても、買う人間がいない。

お金がないから買いたくても買えないんだ。

アメリカを始め海外でもモノは売れない。

内需を破壊しながら輸出で稼いでいた時は

まだよかった。

しかし、国内でも海外でも売れなくなった。

どう考えても、不況になる。

そんな中、少しでも節約しようと身構えるのは

当たり前のことだ。

そんなに消費して欲しかったら、お金を

庶民に回せばいい。

その方法を示さないで何を言ってるんだ。

    

国民から集めた税金を金融機関に入れてチャラにし、

それで株価を上げったら配当は株主にプレゼント。

預金全額保護だって、金持ちが喜ぶだけで庶民には

ほとんど関係ない。

こっちは株を買う余裕なんかない人ばかりなんだ。

一ヶ所に1000万円以上預金している人が

日本の人口を占める割合の小ささは、

よくよくわかっているはずだ。

      

どうして金持ち連中がギャンブルで作った借金を

税金で穴埋めしないといけないんだ。

儲けた時は全部自分のもの、

損した時はみんなの税金で補填。

年金もこれと同じシステムで収束されているが、

何が自己責任だ。

そうしないと恐慌に突入するというんだから

タチが悪い。不況と恐慌どっちがいい?

なんて悪夢みたいな二択だ。

消費しようなんて思うはずがないじゃないか。

      

    

最後に、面倒じゃなかったらクリックしていってくれ。

人気blogランキング


« ウィールス イズ リライト | トップページ | 裏切りのアイスクルス »