« DOWA BURNING | トップページ | 東京ミッドタウン »

2008-10-08

コミュニティライン

もらったメールを読んでいる中で、本題とは関係ない

んだけど、ちょっと気になる部分があった。

      

「テレビ局の制作費がこの10月改編から物凄く削

られている。その前から、広告収入がガタ減りして

真っ青」

      

テレビ番組製作のコストカットは前々からある話だ

し、故に廉価で作ろうとするあまり、関西テレビの

件や、出演料を安く出来るアナウンサーや若手芸

人ばかりを使うようになっている。

しっかり番組を作れる予算があるNHKが、

ゴールデン視聴率の1位を取る当たりでもそれは

現れているしね。

            

昔は民放のほうが電通マネーをどこまでもつぎ込

んで、盛大に番組を作っていたが、スポンサー離れ

が激しいことで、テレビ局には金がなくなっている。

要因は勿論視聴率の低下だ。

「国内の携帯には原則ワンセグをつけること」

なんて総務省経由で大人の事情(圧力)を働かせて、

実質視聴率なんて言葉で、なんとかテレビの広告料は

水準を保っているが、そんなものはテレビ局側の営業

も客である大企業も、砂上の楼閣だってことくらい知っ

ている。

       

影響力の面では、勿論テレビを上回るメディアは

ないし、ネットがテレビを逆転するってのもちょっと

考えづらいが、それでも両者間の市場がでたらめ

な勢いでインチを近づけているのは確かだ。

おかげで、最近テレビでは妙な会社のCMが多い

そうだ。

飲むだけで健康にとか、知能が活性化する成分

入りの・・・みたいなところが、当たり前のように

お昼の安価枠を買っているようだからね。

昔のテレビ局なら、そんな企業はお断りだったろうが、

それが出来ないあたり、テレビ局の苦しさが伝わっ

てくる。

          

気になったんで、そのまま聞いてみた。

前職の関係で、テレビ関係は結構知り合いがいる

からね。答えは面白くもないほどシンプルだった。

「視聴率が下がってるからね。十年前と比べて、一

つの番組を作る予算が半分以下だ。

今年の第三クール(10月からって意味らしい)から

は更にカットされるし、下請けにはどんどん値を下

げさせているよ。局側の人間の稼動費は変わらな

いから、なるべく外注するしかないんだよ。

本体が全部作ったら、今の予算じゃとても足りない。

特番くらいじゃないの。本局側主導で作るのは」

だそう。

ニュースやNHKの情報番組、それに時々やるドキュ

メント、あと海外旅行系の番組がなくならなければ、

おれはそれで良いし、予算削減はほぼ全ての業界

で共通の話だ。

日本の場合、社会形態の崩壊から、それがダイレ

クトに下請けいじめに走っちまうが、テレビ局も例外

じゃなかったって話だ。

      

でも、長い目で見るとそうも言ってられないんだろう。

バラエティ番組やくだらない三寸劇のドラマ。

つまらないというやつもいるんだろうが、でもあれら

が全部なくなったら、それこそつまらない社会だ。

自分が見ない癖にえらそうにと言われるとつらいが、

社会を構築する上で、笑いやジョークは必須なのだ。

真面目なことばかりやってる民族なんて、これほど

最低な社会はない。

くだらない番組があるからこそ、もっとくらだらない

毎日がさほどでもなく思えたり、その小さな笑いで

救われるやつらがいるのだ。

事実、おれの知人に首吊りを考えていたが、テレビ

のくだらない番組を見ていたら、その気も失せたっ

てやつもいる。

何が役に立つかなんてわからないんだよな。

            

      

テレビの価値は薄れているし、NHK以外はどんど

ん番組自体も質素になっているが、

時代と折り合いつけてそこそこにやるべきってのと、

市場が小さくなっている以上、社員の給与も人員も

裂いて、他業種と同じように規模縮小していくしか

ないんじゃないのかな。

ただ、マスコミが衰退しすぎると、タイのように

国家反逆罪なんてぶっ飛んだ法律が当たり前の

ように適用される世界になる。

麻生や安倍だって、状況が違えばやりかねない

のは周知のことだ。

下準備は長年かけて整っているんだしね。

         

世論への影響と行政監視。

誰か妙案を考え付くやつはいないものかな。

リサーチ力と組織、そして報道の脈を、

うまく消費者、有権者のために使う策。

きっと、それは日本から生まれると思うんだけどな。

買いかぶりすぎか?

         

         

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしく

人気blogランキング

            

灰色のベンチ 132号 本日配信

               


« DOWA BURNING | トップページ | 東京ミッドタウン »