« ルーズベルトトラップ | トップページ | 20世紀少年の謎 »

2008-11-04

オバマでもマケインでも

読者からのメール紹介。

       

    

まもなく、アメリカ次期大統領が決まる。

民主党のオバマ候補の有利が伝えられているけど、

その差は決定的なものではない。

    

アメリカ大統領選は日本にとっても重要な問題で、

11月2日放送の「NHKスペシャル」でも

『日本とアメリカ 第3回 ホワイトハウスに日本を

売り込め』

というタイトルで特集していた。

「次期政権は日本に何を求め、日本や世界とどのよ

うな関係を築こうとしているのか?その行方を探る日

本大使館の大統領選対策チームの動きを追う。まも

なくアメリカの外交を担うであろうキーパーソン達の

本音に迫り、日米関係の将来を探っていく。」

という内容(番組HPより)だった。

      

その中で日本大使館の石井公使は

「世界1位と2位が協力するのが1番いい」

という発言をしていて、この人の中では日本はずっと

「世界2位」なんだなぁ、と気になった。

日本は世界で2番目に多くの国連分担金の支払

義務があるからだろうか。ちなみに1位のアメリカは

滞納の常連国なんだけどね。

       

また、「アメリカに言われてやるのではなく、日本から

やる」ということや「日本のできることできないことを説

明していくのも仕事」、「あとは国会が判断する」などの

発言もしていた。

本意がどこにあるのかは分からない。

彼らの提案が日本の国益になったことはあるんだろ

うか、なんて思った。

大勢のスタッフを抱えながら、今までどれほどの役割

を果たしてきたのだろう。

中国の存在が増す一方で、日本とのパイプは細くな

っているそうだ。

       

番組を見て、あらためて気付かされたことがある。

それは、オバマとマケインのどちらが次期大統領に

なっても、アフガニスタンへの派兵は増強されるとい

うことだ。

イラクから撤退しても次はアフガニスタンが待ってい

る。民主党、共和党どちらの政策綱領にも

「アフガニスタン問題では、軍備を増強する」

と書かれている。

イラク戦争での巨額の出費、さらに金融危機。

アメリカは威信を失い、これまでのように世界をリード

できなくなった。これまでの方針を転換し、世界の国々

と協調していくことになる。

      

両陣営のキーパーソンは揃ってこのような発言をして

いた。

「日本は世界にもっと貢献し、金銭的な面ではなくさま

ざまな行動が求められる」

「日本が役割を果たさなければ、世界での影響力が

減るだろう」

「日本が主体性を持って具体的な行動をしてほしい」

「積極的な方向に転換することを望んでいる」

「安全保障面での国際貢献が必要」

こんな感じだった。

         

つまり、どちらの政権になっても、アフガニスタンでの

協力を求められる。

資金協力だけでなく人的貢献もしろ、と。

給油だけでなく自衛隊を派遣しろ、と。

アメリカの役割の一部をもっと負担しろ、と。

         

日本大使館は

「日米関係の重要性を訴え、存在感を高めていくこと

が大きな課題となっている」

というが、番組の中では協力するともしないとも言って

なかった。

大使館がどう返答しても、次期大統領率いるアメリカ

はアフガニスタンでの協力を求めてくる。

それに対して日本はどう対応するのか?

       

日本でも来年9月までには解散があり総選挙になる。

その結果、麻生か小沢のどちらかが政権を取る。

麻生総理は発言を聞く限りアメリカ追従。

小沢代表は国連主導でISAF(国際治安支援部隊)

に自衛隊を参加。

麻生でも小沢でも日本がアメリカのアフガニスタン

戦争に加担することになりそうだ。

それを心配している。

         

オバマでもマケインでも、

麻生でも小沢でも、

アフガニスタンで戦争するなんて嫌なんだけどね。

財政再建を訴えるなら、

日本もアメリカも戦争からは身を引いた方がいい。

国民の生活が第一なら、

軍事費を削減して医療費にでも回せばいい。

消費税何%の節約になると思ってるんだ。

わざわざアフガニスタンまで出かけて行って戦争

する余裕はない。

      

イラクと同じように泥沼化するに決まっている。

日本に、世界に、他の選択肢はないんだろうか?

               

(以上)

            

    

補足すると、日本が国際貢献するのは確かに大事

だ。だけど、もう既に十分過ぎるほどやっている。

日本経済はGNIで33位。にも関わらず、身の丈に

合わない破格の負担を世界の舞台で強いられてる。

これは世界からいじめられているわけでもなんでも

なく、歴代自民党総裁が、常任理事国に入りたいが

為に国民に無断で約束してきて、アメリカの手となり

足となっているだけなんだ。

常任理事国になろうがなるまいが、おれたち国民に

は恩恵はさほどないし、空前の好景気を自公が極小

的に利潤を独占させたことからも、単に負担が増える

だけだろう。

今日本はピンチだ。国民生活は窮地と言ってもいい。

そんな状況で、どんどん国際舞台で負担だけを請け負

ってきちまう政府。定額減税が二兆だろうが、その数

倍以上の金をきっちり回収する気だからな。

別に世界三十三位の中位国だって、国民は別に良い。

誰もアメリカ、中国に次ぐ大国なんて望んじゃいない。

永田町埋蔵金なんて言っているが、その前に金持ち

の支配を強固にする為のツケを、国民に負担させる

のはやめろよ。

国民の未来は、国民が決めるんだろう?

カルト宗教の手先の総理に、勝手に決められてたまる

かってんだよ。

      

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしく。

人気blogランキング 

            

          


« ルーズベルトトラップ | トップページ | 20世紀少年の謎 »