« 不況の中で消費税増税を叫ぶ | トップページ | 情報 »

2008-11-19

WAR IS MONEY

ちょこちょこ情報を。

         

金融サミット(これが配信される頃にはニュースも

下火かもしれな・・・ああ、そもそも日本じゃ金融サミッ

ト自体あまり注目されないか)にまつわる、ある噂が

ある。

実はアメリカ側から麻生にある筋書きが話されたん

じゃないかってやつ。

内容は、

「アメリカは影響力の復活のために、経済以上に

軍事力に重きを置いていきたい。その為にどうにか

日本の力が必要だ」。

アメリカ経済はどん底まっしぐらだし、

日本は安定通貨として元と共に一時的に買いが

先行しているに過ぎない。

が、ここで窮地を乗り切る方法として、戦争利権を

選択するってのね。

確かにアメリカは軍事開発を急いでいる気がする。

あたかも近いうちにまた戦争があるんじゃないかっ

てくらいに。

ウイルス研究、空海両用の戦闘機開発、そして

在日米軍再編を急がせる。

それに日本と韓国と中国を手玉を転がすように

手のひらで衝突させる機会も増えている。

何を焦ってると聞きたいくらいだ。

ロシアの脅威ってのもまだ違うし、

アフガン情勢を武力のみで制圧ってのもあまり

賢い方法じゃない。

・・・正直わからないが、おっかない何かが日米水面

下で進んでるってのは間違いないと思うぜ。

            

ただ回答の糸口は少しだけ散らばってる。

オバマはイラクを撤退してアブガンの原油利権に

集中するみたいだが、勝算とか以前に、

アブガンの方が軍事産業の伸びを躍進させる可能

性が残されているからってのもあるだろう。

遠回りでもアフガニスタンから陣地を広げていけば、

それだけ戦争特需が続く。

軍事産業関係はありがたいわけだ。

オバマは選挙戦最中からこれは主張していたから、

バックの方たちは承知済みなんだろう。

だとすると、日本へ求める協力ってのはただ一つ。

海上給油からもう一歩踏み込んだ行為だろう。

オバマはブッシュと違ってまだ日米関係をそこまで

やわらかく理解してないし、経済面が弱いと言われ

てちょっと必死だ。就任後に市場に出された答えが

NOだったのもショックだろう。

だから無茶を言ってくる可能性だって十分ある。

日本債権のランクやら日本の輸出産業への制裁

という人質もいるんだしね。

積極的に韓国や中国に歩み寄って、日本を揺さぶ

る気もマンマンじゃないか。

もう麻生には何も期待してないし、二兆も今更止めま

したなんて言わないだろう。

だけど頼むから外交は次期総理まで何もしないで

くれ。これは自民党内部も含めた国民みんなの願い

だ。

「頼むからもう黙って解散するか、それが嫌なら

誰かに代わってくれ」

あと半年以上もこのペースで麻生に独裁をやらせた

ら、選挙するための国が無くなるぞ。

これはふざけてるんじゃなくて、マジだ。

       

       

民主党が政権奪取後に郵政民営化問題に着手

するらしい。

対策チームも人数が増えて、法的な面、実務的な

面とリサーチを開始しているとよ。

これは本気でやってくれ。

勤めてる人には二転もしてかなり面倒だろうが、

日本が沈没するか国旗が星条旗に変わるかの

重要ポイントなんだ。

我慢して欲しい。

それと郵政民営化に反対してた共産や社民も

是非協力して欲しいね。

この件は自民党も未だに半数近くは民営化は

まずいと思ってるようだし、当時は小泉が年次改革

要望書を早く実行しようとして突っ走った面もあった。

もう隠してもしょうがない。

政権取ったら新総理がまっさきに真実を言うべき。

「アメリカの命令通りにやってきたが、このまま郵政

改革を進めれば日本は最も大事な資産を失うこと

になる」

ってね。

麻生は来年は米国債を買わないとか言ってるが、

これは郵政民営化した‘ご褒美’として免除して

もらっただけだし、その約束だって共和党とした

ことだ。オバマは無視する可能性だって大でしょ。

世界一のビッグバンクを献上して勝ち誇られても

困る。

世界のいい笑いものだ。

         

      

先週とある学校で社会学の特別授業をやったんだ

けど、子供の前で話すのって緊張するな。でも、あい

つらは未来そのもの。子供を持つことさえ特権階級

だけの権利になりつつあるが、そんなものをぶち壊

した後にこいつらに世代を譲ってやりたいと思ったよ。

あと、サッカーがうまいやつが多くて驚いたな。

最後に応援クリックしていってくれ。

人気ブログランキング

         

               


« 不況の中で消費税増税を叫ぶ | トップページ | 情報 »