« 貧困ビジネスこそおいしい | トップページ | 明日の未来 »

2009-01-13

情報色々

昨日の夜にやたらと色々情報が来たんで、

ネタに出来なかった情報とあわせていくつかどうぞ。

   

       

自民党内で定額給金が邪魔くさくなっているらしい。

結局自民票には繋がらなかったのに、言い出したから

やらなきゃいけないという足かせになって、

取り下げて介護施設や職を失ったやつへ回して、

それをニュースで報道したほうがイメージアップになる

っていう意見が多いが、肝心の総理は聞く耳持たずで、

意固地になっている。

もうやらざるを得ないという状況で、モチベーションなき

作業になっている。

大体の選挙目当てのイベントは、政治家かバックボーン

か有権者か、必ず誰かが得するものなんだけど、

今回の定額給付金は、三者全員が損をするという

珍しいパターンだ。

      

   

ユニクロやH&M、イオンなんかが不況を利用して

業績を伸ばしていることが注目されているけど、

おれも独自で取材して見つけたところがある。

KALDIっていうコーヒーの店で、

ショッピングモールなんかに店舗を入れて、

コーヒー豆や洋菓子、バターやジャムなんかを扱ってる。

業種はいわゆる輸入小売店なんだけど、

ヨーロッパの繁華街にありそうな店の雰囲気で、

見ているだけでもお洒落で楽しいんだ。

だけど注目するべきはそこじゃなくて、

この店はコーヒーの試飲をやってるんだけど、

これが実に面白いんだ。

試飲なのに紙コップいっぱいにうまくて熱熱々のコーヒ

ーを注いでくれて、食後のブレイクにはじゅうぶんな程。

しかも味も抜群にいけてる。

欲しい人には満遍なくくれるし、もらいづらい雰囲気も

ちっともない。

だけどそのコーヒーをもらう為のルールが一つだけ

あって、それがこの会社を成功させたと言っても

過言じゃない。

それは

【コーヒーは必ず店内で飲むこと】

だ。

もう言わなくてもわかるだろう。

熱いコーヒーを飲み終えるには、早くても5分や10分は

かかるだろう。

その間、店内で商品を見ながら闊歩する。

これがもたらす効果は実に相乗的だ。

まず最高にうまいコーヒーを片手にしながら、

一緒に食べたら絶対にうまいビスコッティや菓子が並び、

パンにつける色んなジャムがあったら、あんたならどう

思う。

その通り、自然と買いたくなっちまうのさ。

これが効果1。

次に客一組あたり店舗滞在が5分以上となると、

店はどうなるかな?そしてうまいコーヒーが無料で配ら

れる店先は?

イエス。店はいつも流行っているように見える。

レジも店内も入り口も、いつも賑わっている。

効果2だ。

そして最後に、宣伝効果。

ショッピングモールに入っているってことは、

上層階には飲食店が並んでいる。

そこで食った人らは、そのまま買い物をして帰るって

パターンも多いはずだ。そこであんたの連れが思い出す。

「KALDIっていうお店がコーヒーをただで飲ませてくれる

んだって」

こういう得だけがある噂はスピードも早いし、

こうしておれが書いているのも宣伝になっちまう部分も

あるだろう。

不況だからこそあえてくれてやる精神。

なかなか面白い試みだろう。

       

       

リライズっていう少年グループが、都内の中高生の

間で噂になってる。

(昨年学校サイトを賑わせたホワイトバードとも違うよ)

奥様方に言わせれば不良グループなんだろうけど、

やつらはもはや都心部で絶滅寸前の暴走族やギャング

とは全然違う。

誰も傷つけないし、いじめやカツアゲなんてダサいこと

もやらない。ドラッグなんかとも無縁だ。

代わりにビジネス的なネットワークを持っている。

そのネットワークは子供にとっての夢の検索エンジン

なんだ。

例えば学校で読書感想文の宿題が出たとしよう。

でもバイトが忙しくてとても書けそうに無い。

そんな時に読書感想文の発注をする。

すると可も無く不可も無い程度の、丁度いい具合の

感想文が原稿用紙10枚分データで送られてくるのだ。

他にも明日の野球部の対戦相手のキープレイヤーや、

街で見かけたかわいい女の子の通う学校名と学年なん

てことも教えてくれる。

そして不作為に集められた生徒同士での合コンなんて

のも開かれているんだ。

全ては登録者達のわずかな会費で成り立っていて、

胴元が誰なのかはわかってない。

(たぶんすぐたどり着くんだろうけど)

やつらが善悪なんて知らないし、そんなものは誰かに

勝手に言わせておけばいいことだけど、

子供達の発想はすごくやわらかく、そしてたくましくなって

いるのかもな。

まだコンタクトも何もしてないけど、チャンスがあれば

中へ入って、レポートを書きたいね。

      

          

今年に入ってからまだ日本経済としては一週間ばかりし

か活動していないけど、年を越せなかった企業が推計

で七百社あるんだと。

12月1日には存在して、1月11日にはなくなっているか

再生法適用しているか、経営者が飛んでいるかしている

企業がそれだけあるそうだ。

経営者も気の毒だが、大事なのはそれだけの人間が

この何でも飲み込んじまう経済の下敷きになっていって

るってことだ。

      

      

外資系企業の近況だけど、名前は風説の流布だか

なんだかで書けないけど、リーマンに続いて某金融大手

がやばい。

もしも飛んだらリーマンの比じゃないくらいの

打撃と津波が世界中を数週リレーするだろう。

不良債権を抱える部門だけ切り離すか、どっかに

ヘルプを求めるかなんだけど、残念ながら本社を

抱える国は助ける体力がないとのこと。

外資系の大企業には昨年から霞ヶ関から色々足かせを

つけられていて、それをクリアーしないと優遇が受けられ

ないようになっていたんだけど、そのピンチの企業は、

未だにそれをクリアー出来ていない。

ライフポイントは赤点滅しているのかもな。

       

         

一人でも多くの人に真実を。応援クリックよろしくどうぞ。

人気blogランキング 

         

         


« 貧困ビジネスこそおいしい | トップページ | 明日の未来 »