« スペイン広場の向こうへ  | トップページ | 自由の代償 »

2009-01-21

本物の朝

オバマの大統領就任式は、現地に80万だとか100万の

国民が駆けつけて、中継したテレビ視聴率も高かったら

しい。

マーケットは利益確定のおいしいポジションだっただけ

あって、流行のFX組はモニターとにらめっこだ。

日経平均はあおりを食らって下げたけど、言うほどじゃ

なかったし、当たり前だけど手持ち資金が潤沢じゃない

限り、こういうときの勝負は手を引いた方がいいよ。

   

オバマについては散々書いてきたし、重要なのはこれ

からどうするかだから、今回は別の視点で見てみよう。

注目したのはホワイトハウスじゃない。

オバマ祭りを繰り広げている米有権者たちだ。

       

         

自国の新大統領就任を歓迎するのは悪いことじゃない。

時代がこれだけ混迷しているし、アメリカに至っては

国の存亡にすら関わってきそうな事態だ。

そんな時に突如現れた新生を英雄として崇めたい気持

ちもすごくわかるよ。

でも、だとしてもちょっと異常じゃないか。

オバマ待望論のすごさは正直恐いくらいに映る。

マイナス5度の中6時間以上オバマの演説を待つ有権者、

新大統領のやることなすことを神のように称えるメディア、

はっきり言って異常だよ。

         

アメリカ国民の反応は間違っている…というより軽すぎる。

ブッシュ政権がもたらした悪政は勿論否定しないが、

同時に星条旗が今どん底を這っている要因には、

騙されやすい国民性が強く影響している。

テレビの消費促進に疑いを持たずに、常に新しい商品

を欲しがる。

経済に行き止まりが見えた時に、クレジットカードの審査

を甘くして前倒しで消費を回そうとした政策も、何の疑い

も持たずに乗った。

サブプライムもそうだ。誰がどう考えても破綻が見えて

いる詐欺商法を、世界中で売りさばく手伝いを、米国民

は自ら買って出た。

星条旗を背景にテロとの戦いと叫べば戦争待望するし、

欲しいものはとりあえず手に入れる国民性が、

今日のアメリカを織り成す成分の大半なんだ。

軽すぎる。

日本国民に言われちゃおしまいだろうが、

アメリカ有権者、消費者は日本に輪をかけてスカスカ

なんだよ。

      

国民を意のままにコントールして、労働者をロボット化

する。搾り出された利益は支配層の中だけで分け合う。

これが日米型資本経済だ。

日本人も随分とやられたし、今少しずつそれに気がつい

て戦う連中が増えてきている。

不落の自民党城が傾いてきているのもそれが原因だ。

だけど本場のアメリカは、まだその流れが起きていない。

オバマが目指すのは、経済に関しては同じ路線だし、

実はブッシュと言っていることはあまり変わってない。

石油利権の為の殺戮のフィールドを変更したくらいの

ものだろう。

彼はまだ何一つ希望を見せていないのだ。

にも関わらず、メディアに乗っかって有権者は無条件

の英雄に仕立て上げちまう。

彼らもまた、何も変わっていないのさ。

       

         

踏まえて日本にワープしよう。

アメリカも日本も、生まれ変われるかどうかみたいな

議論になっているけど、いい加減メディアは真実を

伝えるべきだよな。

テレビでも新聞でもいい。

民放は‘企業への配慮’で無理なら、せめてNHKが

真実を伝えるべきだ。

世界はもう変わったのだ。

かつてのようなシステムでの繁栄は望めない。

節制の中で安心を与えていくプログラム、

お金はないが幸福度を高めていくレールで、

これから地球は推移していくのだ、と。

それを認めたくない経済界は、既得権確保に必死だが、

いかにトヨタやキャノンでも地球の自転には逆らえない。

一番はじめに誰が言うのだろうか。

GDP成長がそんなに大事なの? ってな。

新自由主義がおれたちにもたらしたものは、

一部の人間には途方も無い内部貯蓄を、

それ以外の人間は、人間としての尊厳と誇りを奪われ

た変わりに、金属みたいな声でイエスと答え、自分より

も弱いやつを陥れて安堵する最低な社会だけだった。

WE CAN CHANGE。

確かにそうだ。

おれたちは変わらなくちゃいけない。

一瞬の奇跡的輝きでしかない人生を、人として生きれる

社会に変えるためにはね。

世界一の愛国心を持つ日本だけど、

お国のために尽くしすぎてもうボロボロなのさ。

あんたの親父とお袋、奇跡が二つ重なって、その中の

更なる奇跡であんたが生まれたわけだろう。

そんな素晴らしい偶然の時間を、この国の労働者は

搾り取られるためだけに費やしている。

あんたの息子や娘に、こんな世界で暮らして欲しいかい。

メディアの刷り込みに従順になって仕事が生きがいだと思い

込み、自分がどれだけロボット化しているかを自慢しあう毎

日を送って、弱者同士で潰し合う今のスパイラルに放り込ん

でやりたいかよ。

       

オバマによってアメリカ国民がどう転ぶかはわからない。

うまくいって欲しいが、日本はそれどころじゃないものな。

本当に早く変わらなくちゃいけないのは日本で、

アメリカよりもそれに近いのも、この国なのさ。

         

         

一人でも多くの人へ。応援クリックよろしく。

人気ブログランキング

      

          


« スペイン広場の向こうへ  | トップページ | 自由の代償 »